アクセスマップ  問い合わせ
トップ画面へ





(概要)
 大阪大学においては、教育研究分野の中で学際性・萌芽性の著しいナノサイエンス・ナノテクノロジー研究分野の人材育成をより効果的に推進するために、平成16年度より大阪大学ナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構が、ナノ関連研究を行っている全学の研究科・研究所・センターを横断する形で、 大学院(修士・博士)、社会人教育のためのナノ高度学際教育研究訓練プログラムの提供を開始しました。
 このプログラムは、文部科学省科学技術振興調整費新興分野人材養成プロジェクトの支援を得て、平成16年から平成20年の5年間に履修生1100名を受け入れ、そのうち修了生700名を送り出しました。その成果に立って、平成21年度からは、平成20年度に創設されたナノサイエンスデザイン教育研究センターが国の特別教育研究経費の支援を得て本プログラムを継続発展させています。また、平成20年度に大阪大学と企業群との連携で設立された大阪大学ナノ理工学人材育成産学コンソーシアムも本プログラムの推進を強力に支援しています。現在までに履修生は1500名、修了生は1300名を超えています。
 ナノ関連分野に意欲ある大学院学生、社会人の方々の積極的な履修を期待します。

掲 示 板

2023.1.4 up
2023.2.6 up
コンソーシアム会員
ナノ科目等履修生
 
令和4年度 全コース共通講義(詳細は こちら(講義資料は こちら
第四回 シリーズテーマ 「進化するナノサイエンス」
開講日時:2023年2月10日(金)18002100
受講方法:大阪大学豊中キャンパス文理融合型研究棟3階305
    
 他、四日市商工会議所・WebEXでの遠隔配信


前半講師:片瀬貴義 氏
    (東京工業大学 フロンティア材料研究所 准教授)
講義内容:「エネルギーデバイスに革新を起こす材料開発」
後半講師:柳田 剛 氏
    (東京大学大学院工学系研究科 教授・九州大学先導的物質化学研究所 教授)
講義内容:「金属酸化物ナノ構造を利用した堅牢な分子認識エレクトロニクス」
2022.11.15 up  令和5年度「ナノ高度学際教育研究訓練プログラム」社会人教育プログラム
募集要項
※講義内容については、 ご案内 シラバス をご覧ください。
2022.10.28 up
2022.10.06 up

ナノ科目等履修生修了生
 
令和5(2023)年度4月入学 
全国初 大阪大学の社会人向けプレ教育付き博士号取得課程
 『大阪大学大学院博士後期課程社会人ナノ理工学特別コース』の募集について

 (募集要項は こちら 
※尚、社会人特別コースは、春季入学(前年12月)・秋季入学(6月)の
年2回の募集をおこなっております。
 
2017.04.18 up
2019.06.05 up

<ナノマテリアル・ナノデバイスデザイン学 実習について~参考書籍のご案内~>

The Art of High Performance Computing for Computational Science, Vol. 1
  https://link.springer.com/book/10.1007%2F978-981-13-6194-4

既刊の下記2冊の英語版として再編集したものです。留学生や海外の研究者などで興味をもたれる方がおられればお薦めください。Vol.2も近日刊行予定です。(金額は為替レートや購入経路によって変わります。)



・計算科学のためのHPC技術1

  http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-586-4.html

内容紹介)
本書は姉妹本である『計算科学のためのHPC 技術2』(大阪大学出版会) と比べて,より一般的で基礎的な内容となっている.日々進歩する計算機の世界の,特にハイパフォーマンスコンピューティング  (High Performance Computing:HPC)において,「京」で培った技術はアプリケーションの高速化技術として長く役立つ要素がいくつもあるに違いなく,全ての分野の研究者や学生に役立つであろう.
 
日々進歩を遂げる計算機の世界でHPC技術において,アプリケーションを高速に動作させるための長く役立つ基礎的な要素技術.

・計算科学のためのHPC技術2
  
http://www.osaka-up.or.jp/books/ISBN978-4-87259-587-1.html

 一 覧
 大阪大学トップページ    ナノサイエンスデザイン教育研究センター  ナノ理工学人材育成産学コンソーシアム  

Copyright(c) 2022 Organization for R3 Institute for Newly-Emerging Science Design, Osaka University, All rights reserved.