メインビジュアル

沿革

ナノサイエンス・ナノテクノロジー
について

ナノサイエンス・ナノテクノロジーは、10億分の 1メートルを単位とする微小世界 (原子数にして数十個から数万個の集まり )で実現する新奇な科学現象の発見・理解とそれらを活用したナノスケール新機能・新材料の発見・創製、そのための超微細加工技術、超精密測定といった最先端科学技術の総称であり、今日の自然科学技術の根幹をなす要素科学技術として学際融合的に発展し続けています。その特徴は分野の枠を超える開放系であり、今日の萌芽研究が明日の未来科学技術のキーテクノロジーに育ちうるので、複合学際・EEIな進化への迅速な対応が求められます。

大阪大学におけるナノサイエンス・
ナノテクノロジーへの取り組み

2002年に設立されたナノサイエンス・ナノテクノロジー研究推進機構は、このような学際性の極めて強い先端分野に関する研究推進、国際・産学連携、人材育成、広報活動を、部局を横断して組織的かつ戦略的に統括し、全学的な教育研究の推進を図ってきました。このうち人材育成活動として多くの実績を上げてきた「ナノ高度学際教育研究訓練プログラム」を基に、計算機材料デザイン(CMD: Computational Materials Design)チュートリアル活動を加えて、2008年12月1日に大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター(Institute for NanoScience Design)が発足しました。一方、全学横断の長期的展望に立って教育研究の方向性を定め、関連部局間のより有機的な連携を図るために2010年4月1日に大阪大学ナノサイエンス・ナノテクノロジーアライアンスが創設され、研究推進機構の役割を引き継ぎました。

大阪大学におけるナノ理工学研究教育の統括的実施組織
グラフ(大阪大学におけるナノ理工学研究教育の統括的実施組織

※画像をクリックすると拡大します
人材育成プログラムの歴史
 2004年度より国の人材育成施策に先駆けて、それまで各部局で個別に実施してきたナノサイエンス・ナノテクノロジーに関連する講義を部局横断大学院博士前期課程向け副専攻型プログラムとして再編提供し、さらに同時に国内唯一のナノ理工学社会人教育のためのライブ遠隔講義を併用した広域的プログラムも開始しました。講義のみならず最先端機器を使用した集中実習を盛り込み体系化した高度学際教育プログラムを開始しました。さらに、企業からの講師によるナノテクの社会受容・企業における実践例などを学ぶシリーズ講義「ナノテクキャリアアップ特論」が博士前期課程プログラムの必修科目となり、実習設備の充実も図られ、2008年度からは大学全体の高度副プログラムとして総長名で修了認定されるようになりました。これら人材育成活動を恒久的に実施することを目的として、2008年よりナノサイエンスデザイン教育研究センターが創設され、産学連携相互人材育成を支援する多数の企業からなる(一社)大阪大学ナノ理工学人材育成産学コンソーシアムも発足しました。2010年からは「ナノテクキャリアアップ特論」の学外5大学へのライブ配信も順次開始されています。一方、2005年度より博士後期課程向けに本格開始された将来のキャリアパス促進のための幅広い視野と社会性を付与する副プログラムでは、異分野融合的な新規研究テーマを教員と共に企画・討論・実施する学際萌芽研究訓練プログラム、企業併任特任教授の指導を受ける産学リエゾンプロジェクト指向学習型教育研究訓練プログラムが実施されています。また、2009年には博士後期課程社会人特別選抜学生が社会人教育向けに夜間開講されている講義群を受講(遠隔聴講を含む)する高度副プログラムも整備されました。  
 さらに、2010年度より、ナノリスク評価、材料の標準化、知財、科学技術コミュニケーション、未来のデバイス・システムに向けた科学技術デザインなどのナノテクリテラシーとして位置づけられる、討論を盛り込んだ土曜集中講義「ナノテクノロジー社会受容特論」及び「ナノテクノロジーデザイン特論」が前・後期課程、社会人共通で新規に開講され、社会人を含めた少人数討論及び演習が実施されています。2011年度からは前期課程に新制度の副専攻プログラム(14単位) と後期課程の高度副プログラムが新設され、さらに2012年度からはナノテクに強い関心を持つ文系出身学生向けに博士前期課程のナノテク文理融合プログラムも開始され、さらに英語による欧州の大学との交換講義など、大学院生が将来に向けての更なるキャリアアップに繋がるプログラムの充実が図られています。また、マレーシアなど大学院生を含む若手研究者の育成のための短・中期招へいや、現地ワークショップの開催などの国際人材育成プログラムも定期的に行われています。2014年度より社会人教育ではコース横断型プログラムも走り始め、大学院生に対する欧米教員によるサマーレクチャーも開始されました。  
 2014年度末現在の本プログラム受講者数の11年間の実績は、博士前期課程受講者数914名(同修了者数484名)、博士後期課程受講者数114名(同修了者数90名)、社会人教育受講者数920名(同修了者数798名)、合計受講者数1948名(同修了者数1372名)に・Bしています。  
 これらのプログラムは、2004年度文部科学省科学技術振興調整費・新興分野人材養成プロジェクト「ナノ高度学際教育研究訓練プログラム(2004.7-2009.3)として選定され、社会人教育と合わせて国内唯一の多部局横断型ナノサイエンス・ナノテクノロジープログラムとして高い評価を得ました。これらの実績のもとに、文部科学省特別経費にて「ナノサイエンス・ナノテクノロジー総合デザイン力育成事業」(2009.4 -2013.3)、更には、「社会に開かれたものづくり理工学の国際人材育成モデル事業」(2014.4-2016.3)として順次拡充発展が図られています。  
 一方、社会人教育の2009年度よりの有料化実施に伴い、人材育成プログラムに対する企業側の一層の理解と支援、企業側からの助言と提言を頂戴し、新しい産学連携ネットワークを形成するために、一般社団法人大阪大学ナノ理工学人材育成産学コンソーシアム(略称ALICE-ONE) が2008年12月に結成されています。